SDCL EDGEアクイジション・コーポレーションが1億7500万ドルの新規株式公開の実施を発表

ニューヨーク–()–(ビジネスワイヤ) — SDCL EDGEアクイジション・コーポレーション(当社)は本日、1ユニット当たり10ドルの価格で1750万ユニットの新規公開を実施したと発表しました。本ユニットは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場され、2021年10月29日からティッカーシンボル「SEDA.U」での売買が行われます。各ユニットはクラスA普通株式1株と償還可能ワラント2分の1個によって構成されています。1個のワラントは、その所有者に1株当たり11.5ドルの価格でクラスA普通株式1株を購入する権利を付与します。ユニットを構成する証券の個別の取引が始まり次第、クラスA普通株式と償還可能ワラントはNYSEにそれぞれ取引シンボル「SEDA」と「SEDA WS」で上場される見込みです。この売り出しは、慣習的なクロージング条件に従いつつ、2021年11月2日に完了する見込みです。

ゴールドマン・サックスとBofAセキュリティーズが、この売り出しの共同主幹事を務めています。当社は、オーバーアロットメント(実施される場合)をカバーするために追加で最大262万5000ユニットを新規公開価格で購入する45日間のオプションを引受会社に付与しました。

この売り出しは、目論見書によってのみ行われています。本売出しに関する仮目論見書と最終目論見書(入手可能になった時に)は、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs & Co. LLC, 200 West Street, New York, NY 10282, Attn: Prospectus Department、電話:866-471-2526、FAX:212-902-9316、電子メール:prospectus-ny@ny.email.gs.com)またはBofAセキュリティーズ(BofA Securities, Inc., NC1-004-03-43, Attn: Prospectus Department, at 200 North College Street, 3rd Floor, Charlotte, NC 28255-0001、電子メール:dg.prospectus_requests@bofa.com)から入手できます。

当該証券に関する登録届出書は、2021年10月28日に証券取引委員会(SEC)によって有効であることが宣言されました。本プレスリリースは、当該証券の売却の申し出または購入の申し出の勧誘を構成するものではなく、そのような申し出、勧誘、または売却が国または法域の証券法に基づいた登録または資格取得前には違法となる国または法域で売却されることはありません。

SDCL EDGEアクイジション・コーポレーションについて

SDCL EDGEアクイジション・コーポレーションは、1社以上の企業との合併、株式交換、資産取得、株式購入、再編、その他の同様の企業結合を行うことを目的として設立されたブランクチェック会社です。当社は、低炭素経済に向けたエネルギー効率性ソリューションや分散型エネルギー・ソリューションへの急速な移行が生み出す機会に集中することを意図しており、特に構築環境や輸送のセクターに注目します。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、本新規公開案に関するものなど、「将来見通しに関する記述」を構成する記述が含まれます。本売出しが記述されている条件で完了することや、そもそも完了することを保証することはできません。将来見通しに関する記述は、多数の条件に従うものであり、その多くには当社の管理は及びません。これには、米国SECに提出された当社提供物に関する当社の登録届出書およびそこに含まれる仮目論見書の「リスク要因」のセクションに記載されているものが含まれます。これらの文書は、SECのウェブサイト(www.sec.gov)で入手できます。当社は、法律で要求される場合を除き、本リリースの日付以後の変更や変化に関して記述を更新する義務を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。